TOP > 業務案内 > 業界初!3D CADと3次元測定器の導入

業界初!3D CADと3次元測定器の導入

私たちは専業モルダーとして業界で初めて、3D CADを導入いたしました。これにより他には類をみない開発効率と品質を提供することが可能となりました。

3D CADの活用

1.製品設計における活用

お客様のご要求事項について、特級プラスチック技能士及び、独自のネットワークから得られる技術・ノウハウを活用して、より安全で安定した品質の製品をリーズナブルに完成させる為のサポート、ご提案を致します。
3Dモデルの為、お客様に画面上で外観形状はもちろん断面形状、体積、重量などあらゆる情報をご確認頂くことができます。2次元の画面では理解が困難な製品でも容易に理解して頂くことが可能となりました。

2.流動解析における活用

お客様と練り上げた製品の形状をハイエンドの解析技術により分析致します。
この段階で無理のない製品設計をビジュアルでご確認頂くことができ、様々なご不安を解消する事ができます。

3.試作品製作における活用

出来上がっている3Dデータを利用して光造形・注型・切削等の各種方法により試作品をご提供致します。
お客様は、実際にご使用する用途に合わせて実物大モデルに中味を充填したり、機械・機器に取り付けてテストしたり、他の部品と組み立てて確認することが可能となります。
この時、万一不具合があれば、この時点で3Dデータを修正致します。ここで製品設計の完全な“膿み出し”を徹底的に行います。

4.金型設計・製作における活用

最終的に膿み出しされた3Dデータを直接利用し、それに解析データの結果と私たち独自の成形ノウハウを注入して金型設計を行います。
2Dデータからの変換や、3Dでの再入力、又その際の入力ミスの心配もなく正確でスピーディ、そしてコスト競争力のある設計製作が可能となります。


5.金型部品や製品の検証における活用

各金型部品を3次元測定器を利用して検証後、金型を組み上げる事により、金型の完成度を高めることが可能となります。
また、成形したプラスチック製品を正確に測定することで、お客様のご要求仕様に適合した製品であることを検証しお届けが可能となり、お客様に大変ご満足頂いております。

ページ先頭へ